CSR+

SUSTAINABILITY(CSR+経済)

Corporate Sustainability
(CSR+持続経営)

JMACSは、社会的インフラ事業を担う企業として、創業以来、「社会」と「環境」を考慮したCSRのみならず、「持続的な事業活動」を続ける事に50余年取り組んでまいりました。
これは、短期的な利益にとらわれず、長期的な企業戦略を立てる取組として、CSRへの価値追及と事業活動を統合した『コーポレート・サステナビリティ』として捉えています。
JMACSは、これからも『サステナビリティ』を重視した挑戦で、100年企業を目指します。

Sustainability/サステナビリティを基にした企業として
社会・環境・経済への取り組み

良い製品を、廉価に、早く、社会に供給すること

私たちは、社会の一員として、社会に奉仕・貢献することが使命であり、喜びであると言う認識のもと、公正で透明な企業活動に加え、環境との調和、地域貢献など、あらゆる角度から社会的責任をまっとうしていきます。

  1. 1. 法令等の順守(社会)

    法令の遵守はもとより、国際ルールおよびそれらの精神を遵守し、社会的良識をもって行動します。

  2. 2. 人権と個性の尊重(社会)

    役員および社員は、お互いの人権と個性を尊重し、国籍、人種、信条、性別、社会的身分などを理由とする差別的な取扱いや嫌がらせを行いません。
    児童労働はもちろん、あらゆる形態の強制労働を行いません。

  3. 3. 社会的に有用な製品、サービスの提供(環境)

    顧客満足を第一に考え、あらゆるニーズにスピーディーに対応するとともに、製造物責任、省資源、省エネルギー、環境保全等にも十分に配慮し、安全かつ有用な製品・サービスの提供に努めます。
    ISO規格要求事項に基づいた品質保証体制の維持・向上に努め、良い製品・サービスを提供します。

  4. 4. 公正な取引(社会・経済)

    公正かつ自由な競争の確保が市場経済の基本ルールと認識のもと企業活動を行い、また、政治・行政との健全かつ正常で透明な関係を維持します。

  5. 5. 企業情報の開示(社会・経済)

    株主はもとより、広く社会とのコミュニケーションをはかり、積極的に企業情報を正確かつ公正に、適時開示します。

  6. 6. 環境問題への積極的取組(環境)

    開発段階から購買、製造、廃棄に関する環境問題への配慮を忘れず、環境法令を遵守し、事業活動を行います。
    地球温暖化ガスの削減、省エネルギー、廃棄物の削減・再利用等の環境保全に努めます。

  7. 7. 社会貢献(社会・経済)

    企業の利益と社会の利益を調和させ、社会の一員としての役割を積極的に果たします。
    地域の文化や慣習を尊重し、積極的に社会貢献活動を行います。

  8. 8. 職場環境の充実(社会)

    社内コミュニケーションを大切にしています。
    すべての社員が十分に能力を発揮できるよう適正な人員配置、教育を実施するとともに、職場における社員の安全と健康を確保し、働きやすい労働環境づくりと職場の活性化をはかります。

  9. 9. 反社会的勢力および団体との対決(社会・経済)

    市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは関係を持たず、断固として対決し、不当、不法な要求には一切応じません。

  10. 10. 経営層の義務(経済)

    役員は、自ら率先垂範して『CSR行動規範』に沿って行動することに努め、万一、この『CSR行動規範』の内容に反するような事態が発生した場合には、役員自らが問題解決にあたり、原因究明、再発防止に努めます。また、権限と責任を明確にしたうえで、自らも含めて厳正な処分を行います。

    以上